取引条件と運転資金

■営業に精を出す前に運転資金を確保しましょう。


「勘定合って銭足らずという言葉」があります。
利益は出ているのにお金が無いという状態です。なぜそのような事態に
陥るのでしょうか。まずは運転資金のメカニズムを知りましょう。


◎運転資金のメカニズム

経費の支払いは翌月10日、仕入の支払いは翌月20日、売上金の回収は翌月末、
という取引条件のケースです。


・売上高が100万円の場合

売上高100万円-仕入高70万円-経費20万円=利益10万円と、
利益は出るのですが、売上金の回収より先に経費と仕入の支払が
来るため、90万円を一時的に立て替えなくてはなりません。
これが運転資金です。


・売上高が200万円に増えた場合

売上高200万円-仕入高140万円-経費40万円=利益20万円と、
利益は倍増しましたが、立て替えなくてはならない金額も180万円
に倍増します。売上を伸ばせば伸ばす程、大きな立替金が必要に
なるので、銀行からの借入を検討しなくてはなりません。


経営者の中には「出来るだけ借金はしない方が良い。」と考えている
方も少なくありません。
しかし、運転資金の借入は、売上が入金されるまでの資金をつなぐ
安全性の高い借入です。経営者として、せっかく売上を伸ばす能力を
有しているのですから、ファイナンスを活用することを過度に恐れる
必要はないと思います。


また、借入のタイミングも重要です。
出来るだけ借金をしたくない、という思いが強すぎると、資金が本当に
足りなくなった時点でしか融資を申し込みません。
無駄な借入をしないという点において、一見良い事のように感じますが、
経営的には無計画とも言えます。

前述の企業の場合、売上を伸ばせば伸ばすほど資金が不足することは、
財務的な知識があれば事前に分かることです。
資金が足りなくなってから借入に動くのではなく、営業に精を出す前に
資金を確保しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です