案件構築について

■違和感のないストーリーに仕上がっているかをご確認ください。


資金調達を成功させるためには、融資申し込み時に「お金が必要な理由」
「お金を借りた後の姿」「返済が可能な理由」を明確にし、一貫した
ストーリーに仕上げておく必要があります。これを案件構築といいます。


第1章:自己紹介

ストーリーの始まりは自己紹介です。どのような思いや目標を持って
取り組んでいるのか。今までの実績はどうだったか。現状はどうなのか。
といった内容をまとめます。


第2章:資金の使い道

第1章で説明したこんな私が、次に何をしようとしているのか。そして、
その取り組みにはどれぐらいのお金が必要になるのか。といった内容を
まとめます。具体的には、「新店舗を出店したい。」「仕入を増やしたい。」
「人員を増加したい。」といった内容です。


第3章:今後の姿

第2章で説明した取り組みを行った結果、今後どのような姿になるのかを
まとめます。
具体的には、売上、利益、資金繰り等が、現状と比較してどのように変化
するのかを明確にします。


第4章:返済が可能な理由

返済が可能な理由を、第3章で示した売上増加予定額、利益増加予定額を
用いて明確にします。


小説ではありませんので、融資申し込み時のストーリーに奇想天外な展開は
必要ありません。誰が読んでも違和感のないストーリーが求められます。



よくお見受けする奇想天外なストーリーとは、私は建築屋ですと自己紹介
しておきながら、第2章でラーメン店を出店したいとなっていたり、ラーメン
店を出店したいと言いながら、融資申し込み金額が一般のラーメン店の投資額
よりはるかに大きかったりします。


建築屋さんがラーメン店をやってはいけないと言っているのではありません。
建築屋さんがラーメン店をやろうと考えるに至ったストーリー、普通のラーメン
店よりも大きな投資をしようと考えるに至ったストーリーを、しっかりと構築
しなくてはならないという意味です。


融資申し込みを検討している経営者の方は、上記の流れに沿って案件説明を
した場合、違和感のないストーリーに仕上がっているかをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です