重要な経営法則(その2)

5.マネージメントの愚行(ピーターの法則)
6.イノベーションは、生産者からの提案が起点!(シュンペーター)
7.過度な客指向からの決別を(SP経営協会)

前回のつづきです。


自社の経営をより良くするためには、今のビジネスモデルに新しい
アイデアを付加することが一つの道です。
そのためには、様々な経営の法則を一つでも多く頭に入れてください。
経営者として知っておくべき知見は星の数ほどありますが、一部ご紹介します。


マネージメントの愚行、ピーターの法則

〔ウィキペディアより引用〕にて、以下の愚行が提唱されています。


〔南カリフォルニア大学教授の教育学者ローレンス・J・ピーター
 (Laurence J. Peter)によりレイモンド・ハル(Raymond Hull)
 との共著 THE PETER PRINCIPLE の中で提唱された。〕


1.能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。
  すると有能な平(ひら)構成員も無能な中間管理職になる。


2.時が経つにつれて人間はみな出世していく。無能な平構成員は
  そのまま平構成員の地位に落ち着き、有能な平構成員は無能な
  中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人間
  で埋め尽くされる。


3.その組織の仕事は、まだ出世の余地のある、無能レベルに達して
  いない人間によって遂行される。


今後のマネージメントや、自身のキャリア形成に大変役立つ知見です。
是非覚えておきましょう。


イノベーションは、生産者からの提案が起点!(シュンペーター)


「経済における革新は、新しい欲望がまず消費者の間に自発的に現われ、
 その圧力によって生産機構の方向が変えられるというふうに行われる
 のではなく…(略)…、むしろ新しい欲望が生産の側から教え込まれ、
 したがってイニシアティブは生産の側にあるというふうにおこなわれる
 のが常である」(シュンペーター)


○日常的に高頻度で消費する食品や雑貨、様々なサービスを、消費者の近隣に
高密度で配置したコンビニチェーン、この業態を消費者は自ら望んだでしょうか?
これらを利用してその恩恵を知り、結果として、なくてはならないものに
なったはずです。


○みなさん、スマートフォンを手元に置いているはずです。
この様な機能を備えたIT端末を、消費者は自ら望んだでしょうか?
こんなことができるから、便利で楽しいから等々、ぜひ使ってください、と
言われて使い始めたら手放せなくなったはずです。



マーケットインではなく、プロダクトアウトする力、この創造力こそ、
起業力(企業力)です。


過度な客指向からの決別を(SP経営協会)


「日本の企業は顧客の声を聞きすぎる。顧客の過度な要望への対応は、
 企業を疲弊させ、低生産性の元凶になっている。顧客を神さまと勘違いして、
 過剰な対応を行うということは、一方で、自社の経営と社員を疲弊させること
 になる。顧客に提供するサービスの内容と、負担いただく価格のバランスが、 
国全体として崩れてしまっていることが、日本の生産性を著しく低くしてしまった。
〔お人好し症候群〕が起点となり、〔分散症候群〕と〔安売り症候群〕が常態化している。…」


日本人が、国を挙げて「働き方改革」に取り組まねばならないほど、日本人は
長時間働いています。

1.労働が間延びしているから、店舗ビジネスでは営業時間が長すぎるから。

2.価格が安すぎるから、総じて皆が安売りを仕掛けているから。


上記の二つの仮説には一定の信憑性がありそうです。(※諸説ありますが。)

どうすればよいか…答えは案外単純です。
営業時間・アイテムを絞り込む、値上げすることで顧客を選別する、この活力を
利用して、より高付加価値、アッパーニッチのマーケットでプロダクトアウトを
活発に行うことがこれからの中小企業経営を成功させるポイントになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です