経営資源引継ぎ補助金について

■ 事業再編・統合等をお考えの方はご検討ください。


「経営資源引継ぎ補助金」は、新型コロナウイルス感染症の影響が
懸念される中小企業者に対して、経営資源の引継ぎに要する経費の
一部を補助することにより、

・経営資源の引継ぎを促すための支援
・経営資源の引継ぎを実現させるための支援

を行う補助金です。

経営資源を譲り渡す「売り手」を支援する「売り手支援型」と、
経営資源を譲り受ける「買い手」を支援する「買い手支援型」の
二つの支援型があります。

申請受付期間が2020年10月1日~10月24日と、あまり余裕は
ありませんが、事業再編等をお考えの方はご検討ください。

概要を確認しておきましょう。


主な要件

買い手支援型、売り手支援型の二つの支援型について、
主な要件は以下のとおりです。


1.買い手支援型

事業再編・事業統合等に伴う、経営資源の引継ぎを行う予定の
中小企業・小規模事業者であり、以下の全ての要件を満たすこと。

(1)事業再編・事業統合等に伴う引継ぎの後に、シナジーを
   活かした経営革新等を行うことが見込まれること。

(2)事業再編・事業統合等に伴う引継ぎの後に、地域の雇用
   をはじめ、地域経済全体を牽引する事業を行うことが見
   込まれること。


2.売り手支援型


事業再編・事業統合等に伴い経営資源の引継ぎが行われる予定の
中小企業・小規模事業者であり、以下の要件を満たすこと。


(1)地域の雇用をはじめ、地域経済全体を牽引する事業を行
   っており、事業再編・事業統合等により、これらが第三
   者により継続されることが見込まれること。


対象となる経費


次の経費が対象となります。


1.買い手支援型
  謝金、旅費、外注費、委託費、システム利用料

2.売り手支援型
  謝金、旅費、外注費、委託費、システム利用料、廃業費用


補助上限等

1.買い手支援型

(1)補助率
   対象経費の2/3

(2)補助上限
  ・経営資源の引継ぎを促すための支援:100万円
  ・経営資源の引継ぎを実現するための支援:200万円

2.売り手支援型

(1)補助率
   対象経費の2/3

(2)補助上限
  ・経営資源の引継ぎを促すための支援:100万円
  ・経営資源の引継ぎを実現するための支援:650万円
   (廃業費用がない場合は200万円が上限です。)


その他


申請はすべてオンライン申請となります。

詳しくは以下のホームページをご確認ください。
https://k-shigen.go.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です