感情や感覚に判断基準を委ねてはいけません。

■ 一時の感情で行動しない!


以下の言葉を肝に銘じてください。


『一時の感情で行動しない、
 感情や感覚を判断基準にして行動しないでください!』


少なくない経営者、人々が、一時の感情に走って
人生を大きくロスしています。時に台無しにしています。


経営の判断基準の優劣を、稲盛和夫先生は講演で以下のように述べています。

『感情、感覚、理性(論理)、魂の順番にレベルが向上する。
 最も程度の低い判断基準は感情である。
 経営者は、感情や感覚に判断基準をゆだねず、
 理性をベースにして、魂にその判断をゆだねなさい。(後略)』


感情的判断には2つのパターンがあります。


1.(短期的)瞬間的に心が乱れて感情的になる。
2.(慢性的)長い間心が病んで感情的になる。


◆1.(短期的)瞬間的に心が乱れて感情的になる。 の処方箋


瞬間的に怒りの感情がこみ上げることがあります。
この時は自分が正しくて、相手に非があると思っています。
感情的な言葉を発すると、吐いた言葉は戻ってきません。
相手の心には生涯残るかもしれません。

瞬間的に感情がこみ上げてきたときには、まずは心の中に
留めてください。そしてその怒りを持ち帰ってください。
一晩、できれば数日温めても、この感情が抜けなければ、
そこから対応を考えましょう。
この手の感情の大半は、数日以内に消え去ります。であるなら、
数日前に感情的な言葉を発さなかったことが正になります。


◆2.(慢性的)長い間心が病んで感情的になる。の処方箋


長い期間試練にさらされた時、その試練の絶対量が経営者の
キャパシティーを超えた時に発症します。
『そうならないように 無理をし過ぎない。』『サポートを依頼する。』
ことも必要です。病気として病む手前、この状況が一番危険です。
正常と考えて経営判断を行ってしまうためです。


自分の心を完全にコントロールできる人はほとんどいません。
というより皆無でしょう。この前提で、経営に取り組んでいかねばなりません。


(短期的)瞬間的に心が乱れて感情的になったときは、言葉を吐かずに
時間を稼いでください。また、この状況下での判断は行わず、先送りして
ください。時間が解決してくれることでしょう。


(慢性的)長い間心が病んで感情的になったら、これはかなり重症です。
このような状況に自分自身を追い込まないように用心しましょう。
そうなってしまったら、誰かのサポートを受けてください。


◎自分の心を大切に労わりながら生きてください。
 経営は、人生は、短距離走ではなく長距離走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です