資本性ローンによる経営改善の事例

■資本性ローン借り入れのポイントを解説します。


日本政策金融公庫の資本性ローンとは、日本政策金融公庫が取り扱う
5年から15年の期日一括返済型の借入ですが、負債ではなく資本と
見做してもらえる特別な借入です。
財務内容の改善に取り組む企業や、売上がすぐには立たない新規事業
に取り組む企業に適した借入です。


S社の事例をご紹介します。


【S社の概要】

直近売上高 約2億5,000万円
直近簡易CF(税引後利益+減価償却費) 約1,500万円
直近純資産 ▲500万円
直近有利子負債 約1億6,500万円


数年前に大口顧客から契約を解除されたため売上が半減し、大幅赤字、
債務超過に陥ってしまいました。

その後、経費の見直しを中心としたコストカットに取り組み、
直近決算では約1,500万円のキャッシュフローを確保できるまでに
回復したものの、毎月160万円の返済を継続しているため、依然として
資金繰りは厳しい状況です。

よって、社長自身で資金調達に動いていたようですが、やはり債務超過を
理由に新規融資は全て断られたとのことでした。

S社のように、足元の業績が回復しているにも関わらず、債務超過が原因で
新規資金調達に苦慮している場合は、再生型資本性ローンの活用がおすすめ
です。
S社は500万円の債務超過に陥っていますが、仮に2,000万円を
資本性ローンで調達できれば、債務超過ではなく1,500万円の資本正と
みなすことができます。


早速、経営改善計画書を作成し、日本政策金融公庫に打診をしたところ、
「資本性ローンが入った後、追加で支援をしてくれる金融機関があった方が
審査を進めやすい。」とのアドバイスをもらいました。

アドバイスのとおり、メインの金融機関に出向き、資本性ローンを活用した
経営改善計画を説明すると、「確約はできないが、債務超過を解消すれば、
新たな融資も検討可能である。」との見解をいただき、さらに、
公庫の担当者に電話を入れて支援の意思を表明してくださいました。

結果、満額2,000万円を資本性ローンで調達でき、その後、メインの
金融機関からも1,000万円の追加融資を受けることができました。
公庫の担当者は、「やはり民間金融機関の支援姿勢を確認できたことが
良かった。」とおっしゃっていました。

足元の業績が回復しているにも関わらず、債務超過により資金調達に苦慮
している企業様は、資本性ローンの活用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です