リスケの申込について

■リスケの決断は迅速に行いましょう。


資金繰りが厳しい時は、まずは資金調達に動きます。
しかし、その資金調達に失敗した場合は、リスケを検討することに
なります。営業収支が黒字で「借入の返済さえなければ資金が回る。」
という状況であればリスケは大変効果的です。
「返済を止めても資金は回らない。」という状況であっても、一定の時間
稼ぎは出来ますので、リスケを決断すべきです。


リスケを申し込む場合、事前に自社がどれぐらいなら返済が可能かを
把握しておく必要があります。
金融機関は、「どれぐらいなら返済出来ますか?」と必ず聞いてきますが、
自社の返済能力をしっかり把握していないと、「ではとりあえず返済額を
半分にしましょうか。」といった、何の根拠もない落としどころに収まって
しまいます。もし、自社の返済能力が実は半分も返せない状況であったなら、
またすぐに返済に詰まってしまいます。そうなれば、「また約束を反故にし
た。」と、さらに信用を失う事になります。
無理な約束をしないよう、自社がいくら返済出来るかを事前に把握しましょう。


次に、どの金融機関にどれだけ返済するかを決めますが、リスケには
ルールがあります。例えばA行、B行、C行の3行から融資を受けていた
場合、「A行とB行には返済せず、C行だけに返済する。」といったことは
できません。原則、全ての金融機関を公平に扱う必要があります。
具体的には、リスケを申し出た時点の各金融機関の借入残高に応じて返済額を
決めます。
例えば、A行50百万円、B行30百万円、C行20百万円であった場合、
仮に毎月10万円の返済を行うとすれば、残高按分により、A行5万円、
B行3万円、C行2万円の返済が原則になります。


資金繰りが厳しいにも関わらず、金融機関に迷惑をかけたくないという思いで
無理に返済を続ければ、結果的に経営が立ち行かなくなり、さらなる迷惑を
かけることになります。
事業が予定通りにいかないことは、ある意味あたり前のことなので、
困った時は、大きな迷惑をかける前にリスケを申し込む割り切りが必要です。


リスケの申し込みは口頭ではなく、経営改善計画書の作成が必要です。
是非ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です