コロナ禍の緊急融資の出口は?

■今回の緊急融資の扱いについて!

コロナ禍〔COVID-19〕はまさかの出来事でした。

緊急事態宣言、営業自粛に追い込まれる事態がこの時期に起きることを

予測できた人はいなかったはずです。政府も緊急融資の制度を充足させ、

中小企業への融資金を気前よく供給しています。

一方、この赤字補填資金は、少なくない企業のバランスシートを

棄損させることになります。出口(返済)をどうするのか?

近い将来現実問題として露呈します。



■平時に戻った時、次の融資を金融機関は出し渋ります。



保証協会付きの融資や政府系金融機関の融資は、

今回の緊急融資を「無かったことにして」財務分析を行い、

その前提で融資審査をしてくれることを願いますが、そうはならないでしょう。

一方、民間金融機関が単独で行うプロパー融資はさらに敷居が高くなります。

今回の借入金が劣後※でない通常の債権である以上、

金融機関の融資審査時は、今回の借入金が現存する前提で審査を行わざるを

得ないはずです。多くの企業に次の融資を実行できません。

※劣後(ローン)とは、返済の優先順位を後回しにするローンです。

仮にその債権が劣後であれば、普通融資を実施する金融機関にとっては、

ある程度の範囲で劣後ローンの存在を無視できます。



■今後は益々財務戦略が重要になります。



財務は、中小零細企業や個人事業者にとっても大変重要な機能 です。

であるにもかかわらず、財務無知、財務無策の経営者は少なくありません。

有事は緊急融資・緊急保証制度で乗り切れても、平時に戻った時に

次の資金調達に支障をきたします。財務機能を持ってください。



■今回の緊急融資の扱いについての希望的観測にもとづくシナリオ
                        (想像です。)


1.力のある会社は返済計画に沿って返済できます。
  痛んだバランスシートも一定の時間をかけて改善できます。

2.1ができないが見込みのある会社に対して政府は、劣後の
  資本制ローンに切り替えられるソリューションを準備してくるでしょう。
  今回の融資分を資本(資本制ローン)に組み替えることで、他の金融機関
  からの新規融資を促すことになります。経営の正常化を後押しできます。

3.2でもダメな会社に対しては、債権を資本に振り替えて備忘価格で
  買い取るソリューションを準備してくるでしょう。
  債権買取り専用のファンドを創設して、そこが一括して今回の(緊急)
  融資金を引き取る仕組みです。実質的な棒引きです。


この様なシナリオを政府が準備してくれるとありがたいのですが、

そうでなくても、我々は会社を守っていかねばなりません。

売上と利益を作ることと、お金回りを守る財務機能を両輪に見 立て、

確実に事業を再生させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です