【朗報】売上が安定せず不安なあなたへ

■ このような相談がありました。

"売上が安定しない。いつも不安がつきまとう。"

創業当初から順調に業績を伸ばされ、初年度から2億円近い売上

(税引き前利益は700万円超)を計上された社長からの相談です。

順調な立ち上がりですが、300万円の資本金と、創業融資700万円、

売上の割には小資本です。

"再来月の売上が読めない。万が一、売上が急激に減少すれば
 倒産するのではないか?日々不安だ。"

とおっしゃっていました。

原因としては、

・売掛金の回収サイトを、買掛金の支払いサイトよりも早く設定することで、

増加の運転資金を伴わない成長を実現している。

・月末の現預金残高は多いように見えますが、月中は極小になっている。

不安なはずです。

まずは近未来の資金繰りシミュレーションを実施しました。

⑴ 最悪な状況、売上高が前年比で通年20%ダウン(社長コメント)
 した時の近未来の資金繰り状況は?
⇒赤字転落しますが、一年以内に資金繰りが切れることはない
⑵ 粗利益率が2%上がった(当事務所提示)時の資金繰り状況は?
⇒社長の想定以上に資金繰り・利益が増えることに気づく。

・当事務所より、資金調達計画を提示して、即刻資金調達できる旨を伝え、

この資金調達計画を資金繰り計画に織り込みました。

結果、社長の不安を払しょくするとともに、成長への確信を持たれました。

・新規の雇用計画、固定費増を織り込んで、近未来の資金繰り計画を立案しました。

結果、売上10%増、粗利益率2%増、固定費1,000万円増…、資金調達3,000万円!

もちろん今後も、資金調達と継続的なフォローが重要です。

上記計画に対する進捗管理を毎月行います。

計画にずれがあれば、都度社長と対応を協議します。

必要な資金調達に関しては、当事務所が窓口になって適時行い、

資金のダムを作って、そのダムの高さを維持し続けます。

そして常に、月商の数か月分の資金を有しています。

トラブルで、受注が一定期間滞った期間がありましたが、

資金余力があったために、慌てずに対応することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です