■節税をやめると会社は成長する!

会社の成長には、納税が必須です。

法人税等をゼロにすることが法人税、所得税を総合的に考えた場合に

税金負担が最も低くなる場合が多いということは別の記事でお話しました。

しかし企業経営をするうえで、税金負担をもっとも低くすることだけが

大事であるとは限りません。

会社の成長を考えた場合には、特にです。

経済学の用語ですが、「拡大再生産」という言葉を

耳にしたことはあるでしょうか。

バブル崩壊前によく使われた言葉なのですが、企業は拡大するために利益をあげて

その利益をさらに投下し、より大きな利益をあげようという考え方のことです。

法人税等をゼロにする場合は会社は大きくなりません

なぜならば利益があがっていないからです。

仮に資本金1000万円で会社をつくった場合、法人税等ゼロにするプランで

役員報酬を決めた場合には、会社の規模は資本金1000万円のままです。

一方で、利益を500万円計上した場合、法人税等が150万円程度

課税されてしまうので、結局は350万円しか会社に残りません。

確かに税金は払うことになりますが、逆に言えば会社には350万円残るのです。

もともとの資本金が1000万円だとすれば、これに税金を支払った後の

利益が350万円なので、この資金を再度事業に投下でき、

資本金1000万円+税引後利益350万円で

合計1350万円の規模の会社になったことになります。

数年かけて利益を着実に上げ、税引後利益を数千万円積み上げれば

大きな会社ができるのです。

ここで押さえてほしいのは、会社を大きくしようと考えれば

利益をあげて法人税等を支払うしかないということです。

「税金を払うのはバカだ」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

決してそんなことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です